ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

日立Astemoは、先進技術を通して、よりよい世界を実現していきます

日立Astemoは、2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が経営統合し誕生しました。CASEの代表的なコネクテッド、自動運転、電動化の技術のリーダーとして、自動車および二輪車事業の分野における先進的かつ持続可能なモビリティ技術(Advanced Sustainable Technologies for Mobility)を皆さまにご提供しています。

急速に変化するモビリティ領域をけん引するのは、世界の27の国や地域で働く、技術的な専門知識を有する約90,000人の日立Astemoの従業員です。4社の強みと多種多様な人財を結集し、環境負荷の低減、安全性と快適性を向上するモビリティソリューションを実現します。

また日立グループの主たるメンバーとして、よりよい世界を実現するため「社会価値」「環境価値」「経済価値」の提供を通して、人々のQuality of Lifeを向上させ、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。

より安全で持続可能なモビリティソリューションへの需要が世界中で高まっていることから、自動車やテクノロジー分野の企業が、新事業領域への投資を強化しています。このような中、技術革新の時代をリードするために必要な技術と人財、そしてパートナーを有する日立Astemoは、私たちのDNAに深く刻まれた使命として未来の技術を創造していきます。

プレジデント&CEO ブリス・コッホ