ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立Astemo株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2021年10月25日
日立Astemo株式会社

EICMA2021(ミラノショー)出展において、
次世代二輪車の新たな価値創出に貢献する幅広い製品・技術を紹介

日立Astemoブース外観イメージ(Hall 13 Booth A56)

 日立Astemo株式会社(プレジデント&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立Astemo)は11月25〜28日(プレスデー11月23〜24日)にイタリアのミラノで開催される世界最大級のモーターサイクルショー『EICMA2021』において、次世代二輪車機器・システムで新たな価値の創出に貢献する幅広い製品、技術を紹介します。

 2021年1月に、日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社ケーヒン、株式会社ショーワ(以下、ショーワ)および日信工業株式会社の統合会社となった日立Astemoとして、今回が本展への初出展となります。  本展では、統合会社のシナジーとして、先端技術を結集したサスペンションとブレーキの統合制御技術をはじめ、先進の環境技術を搭載したパワートレインシステムや車両の安全性を高める各種ブレーキシステム、操縦安定性と乗り心地を両立させるサスペンションなど、次世代モーターサイクルの創造に貢献する数々の製品や技術を紹介します。また、アフターマーケット製品に加え、日立Astemoの最新技術や製品が搭載されたレースマシンの展示も予定しています。
 EICMA(ミラノショー)には、これまでショーワが2014年から2019年まで出展しており、2021年は日立Astemoとして、現在は製品ブランドとして展開する「KEIHIN」「SHOWA」「NISSIN」の充実した製品・技術を一堂に展示します。
 今回、日立Astemoは、EICMA会場のHall 13 Booth A56にて出展し、次世代二輪車機器・システムで新たな価値の創出に貢献する幅広い製品、技術を以下のコーナーに分けて紹介します。

シナジー技術紹介コーナー

統合会社の技術を結集し、「走る」「曲がる」「止まる」を一括制御する『統合制御』の技術を、二輪デモ車両で再現し、パワートレイン、サスペンション、ブレーキの各製品の高度な連携をわかりやすく紹介します。

次世代パワートレイン紹介コーナー

高まる環境意識を背景にしたお客様の多様なニーズに対応する電動二輪車向けパワートレインシステムのコンセプトモデルを展示します。あわせて、環境性能の向上に貢献する小型二輪車用ISG (Integrated Starter Generator)ユニットと、大型二輪車用インジェクターも出展するなど、二輪車の環境価値や商品性の向上に貢献する技術・製品を紹介します。

各製品ブランド/アフターマーケット製品紹介コーナー

日立Astemoが誇る「KEIHIN」「SHOWA」「NISSIN」という製品ブランドの高性能で高い外観商品性を有するアフターパーツ製品を紹介します。



日立Astemoは、安全性・快適性の向上や環境保全に寄与する先進的なモビリティソリューションの提供を通じて、「社会価値」「環境価値」「経済価値」の3つの価値を引き上げ、持続可能な社会の実現とともに、人々のQuality of Lifeとお客さまの企業価値の向上に貢献していきます。


会社概要

日立Astemo株式会社
本      社:東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。