ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立Astemo株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2022年1月14日
日立Astemo株式会社

日立Astemo、2022年シーズン国内モータースポーツスポンサー活動のお知らせ

 日立Astemo株式会社(プレジデント&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立Astemo)は、SUPER GT GT500クラスに参戦するリアルレーシングと、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズに参戦するエス・アイレーシングへのスポンサー活動を2022年シーズンも継続します。

 SUPER GT GT500クラスに参戦するAstemo REAL RACINGは、参戦14年目の塚越広大選手と国内外で数々の実績を上げSUPER GTへの参戦は2年目となる松下信治選手の新たなコンビとなります。MFJ全日本ロードレース選手権シリーズに参戦するAstemo Honda Dream SI Racingは、昨年シリーズチャンピオンを獲得した渡辺一馬選手が引き続きST1000クラスにゼッケン1で参戦し連覇をめざすとともに、ST1000クラス シリーズ2位の作本輝介選手がJSB1000クラスにステップアップし参戦します。さらに、2016年に日本の国内レースに参戦していたムクラダ・サラプーチ選手を起用しST600クラスに初参戦します。くわえて、今シーズンはアジアの若手ライダーの育成を担うため、FIMアジアロードレース選手権ASB1000クラスにパサウィット・ティティワララック選手を起用しフル参戦するとともに、全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスに参戦する作本輝介選手もASB1000クラスにスポット参戦します。

 今シーズンは新しい体制で参戦するすべてのクラスでシリーズチャンピオンの獲得をめざします。

■チーム体制

- 四輪 -
SUPER GT GT500クラス

チーム名 Astemo REAL RACING
監督 金石 勝智
ドライバー 塚越 広大、松下 信治
エントリー車両名称 Astemo NSX-GT (No.17) (メーカー:Honda)

- 二輪 -
MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000クラス

チーム名 Astemo Honda Dream SI Racing
監督 伊藤 真一
ライダー 作本 輝介
エントリー車両名称 Honda CBR1000RR-R FIREBLADE (No.TBD)(メーカー:Honda)

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ ST1000クラス

チーム名 Astemo Honda Dream SI Racing
監督 伊藤 真一
ライダー 渡辺 一馬
エントリー車両名称 Honda CBR1000RR-R FIREBLADE (No.1) (メーカー:Honda)

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ ST600クラス

チーム名 Astemo Honda Dream SI Racing
監督 伊藤 真一
ライダー Muklada Sarapuech(ムクラダ・サラプーチ)
エントリー車両名称 Honda CBR600RR (No.TBD) (メーカー:Honda)

FIMアジアロードレース選手権 ASB1000クラス

チーム名 Astemo SI Racing with Thai Honda
監督 伊藤 真一
ライダー Passawit Thitivararak(パサウィット・ティティワララック)、作本 輝介
エントリー車両名称 Honda CBR1000RR-R FIREBLADE (No.TBD) (No.TBD) (メーカー:Honda)

■チームコメント

- 四輪 -
SUPER GT GT500クラス
金石 勝智 監督
 今シーズンも日立Astemo株式会社と一緒に戦えることをうれしく思います。昨シーズンはタイトル獲得まであと一歩及ばず悔しい思いをしました。今シーズンは昨年の雪辱を果たすべく、より強いチームへと成長し、優勝は勿論のこと、シリーズタイトルを獲得し、Astemo REAL RACINGを応援してくださるすべての皆さまと笑顔でシーズンを終えられるよう戦ってまいります。今シーズンもたくさんのご声援賜りますよう、よろしくお願いします。
塚越 広大 選手
 2022年もAstemo REAL RACINGからSUPER GTに参戦することができ、とてもうれしく思います。今年はパートナーが松下選手に代わります。新しいパートナー、新しい環境でのシーズンとなりますが、Astemo REDが一段と光り輝く速さと強さを引き出し、シリーズタイトル獲得に向けて松下選手、チーム全員と全身全霊でレースに臨みます。
松下 信治 選手
 2022年シーズン、新たにAstemo REAL RACINGからSUPER GTに参戦することになりました松下信治です。すべてはチームの勝利のために私が持てる力を全力投入します。そして、塚越選手、チーム全員と協力し、速く、強く、そして勝つ。そのようなレースをしていきたいと思います。頑張りますので、たくさんの応援をよろしくお願いします。

- 二輪 -
Astemo Honda Dream SI Racing
伊藤 真一 監督
 今シーズンも日立Astemo株式会社とともに戦えることを光栄に思います。昨シーズンは念願の全日本チャンピオンをST1000クラスで獲得いたしました。今シーズンはアジアの若手ライダー2名を新たに迎え、全日本ロードレース選手権シリーズに3クラスと、戦いの場をアジアに広げFIMアジアロードレース選手権ASB1000クラスにも参戦いたします。モーターサイクル用パワートレイン、サスペンション、ブレーキシステムで世界トップの日立Astemoの技術力をバックに、すべてのクラスでチャンピオンをめざします。今シーズンもたくさんのご声援よろしくお願いします。
作本 輝介 選手(JSB1000クラス)
 今シーズンは、Astemo Honda Dream SI RacingからJSB1000クラスに初参戦することができ大変嬉しく思います。自分自身にとって新たなチャレンジになりますが、シリーズチャンピオンをめざしてチーム一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いします。
渡辺 一馬 選手(ST1000クラス)
 今シーズンも Astemo Honda Dream SI Racingのライダーとして走らせて頂けることに、チーム、スポンサーの皆さまに感謝いたします。昨シーズンは、全日本チャンピオンを獲得できたことで自分自身も成長できたと感じています。今シーズンは、チーム全員で勝ち獲ったチャンピオンの証であるゼッケン1で2連覇をめざし全力を尽くしますので、たくさんの応援をよろしくお願いします。
ムクラダ・サラプーチ 選手(ST600クラス)
 Astemo Honda Dream SI RacingからST600クラスに参戦するムクラダ・サラプーチです。ハイレベルな環境で新たな経験を積めることを大変嬉しく思います。全戦でポイント獲得をねらい、表彰台にも立てるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いします。
パサウィット・ティティワララック 選手(ASB1000クラス)
 Astemo SI Racing with Thai HondaからARRC ASB1000クラスに参戦するパサウィット・ティティワララックです。Astemo Honda Dream SI Racingのような経験豊富なチームの一員として参戦できることを大変嬉しく思います。ASB1000クラスは初となりますが、いち早くマシンに慣れ、表彰台に立てるよう努力いたしますので、応援をよろしくお願いします。


■エントリー車両デザイン


会社概要

日立Astemo株式会社
本      社:東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および輸送用ならびに産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

画像:採用情報
採用情報

画像:日立リヴァーレ
日立リヴァーレ