ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

Topics

トピックス

2022年5月11日

最後尾から追い上げ、大波乱のレースで9位入賞

5月3 - 4日、SUPER GT2022の第2戦が富士スピードウェイで開催されました。
予選Q1を担当した松下選手は果敢に攻めた走りを見せましたが、低い気温に悩まされQ2進出はならず、決勝は最後尾の15番グリッドから挑むことになりました。
通常より長い450qで争われる決勝では、スタートを担当した松下選手がオープニングラップで3つ順位をあげ、ライバルより遅い41周目にピットインして塚越選手にドライバー交代をしました。直後の43周目と、その後56周目にもそれぞれ大きなクラッシュが発生し、2回の赤旗中断となった波乱のレースは、最終的にセーフティーカー先導のまま日没制限時間により終了となり、Astemo REAL RACINGは9位でレースを終えました。